Gコミ230 2015年01月号

新年あけましておめでとうございます。

平素は弊社の手作り通信“Gコミュニケーション”をお読みいただき、誠にありがとうございます。
お陰様で2015年新年に230号を出す事が出来ました。これまで株式会社 大和工務店を応援していただき、ご指導いただいた皆様に大変感謝しております。

江戸時代からずっと地域の家や木造建築を造り続けて来ました弊社は、今年で総業162年を迎えます。
続ける事の重さと大変な苦労が少しずつ見え始めて来た七代目の大和工務店は、まだまだ経験や勉強を積み重ねて行かなければならないと日々紆余曲折しながら前に進んでおります。

大和工務店のつくる建物は、地域にあった建づくりと住む人にあった家づくり、そして高い技術力を活かした丈夫で快適なご提案を信念として続けて来ました。そしてここ数年地域の需要を模索しながらいろいろなパートナーと出会い、非住宅や中大規模木造建築といった東京という地にあった木造建築の可能性を広げる第一歩を踏み出す事が出来たと思います。

これまでずっと木造住宅の快適さやデザイン、強度や耐久性を求めて新築、リフォーム・リノベーションを行ってきた経験があらゆる木の建築に対応する事が出来たのだと自負し、家づくりを続けさせていただいた事に感謝しております。今後もこれまで培った木の知識に更なる技術と更なる経験を積み重ね、木の良さが伝わる家づくりをつづけていければと思っております。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 鈴木 晴之

性能向上リフォームで最高100万円の補助金がもらえる!

今年度大和工務店が共同採択を受けた補助事業「JBN性能向上リフォーム2014」が、今年3月着工分まで延長されます。

耐震補強や省エネ改修、耐久性を上げるリフォームなどを一定の組み合わせで行うと最高100万円までの補助金をもらう事が出来る、国土交通省の長期優良住宅化リフォーム推進事業の取り組みです。

ある程度広範囲にリフォームをお考えの方は、耐震補強と断熱改修などを組み合わせる事で条件にあてはまる可能性があります。
詳しくはお電話やメールにてお問い合わせ下さい。

日本の風土に合う木造住宅

新しい年の初めは、弊社が得意な木造の特徴について少し整理、解説させていただきます。

木造の長所を一言でいえば、人にも地球にも優しく地震などの災害にも強い建築といえます。

1.木材は再生産が可能です。

木は森林で育ち伐採されて建築用材となりますが、建築物としての寿命が終わった時には、解体され木材として再利用されます。

また建築用材として使えない端材や建物の解体時に発生した廃材は、燃料として使われることでエネルギーに変わります。

さらに、山で新たに植林された木が育つことで炭酸ガスを吸収し固定化します。
化石燃料のように一度燃やしてしまえば再生の出来ないものとは大きな違いがあります。

2.木の家に住むと平均寿命が延びる傾向があります。

右の図は有名なマウスを使った実験ですが、木製の飼育箱に入れたマウスの生存率は金属や、コンクリートの飼育箱より生存率の高い結果が出ています。体重の変化も同様です。

島根大学総合理工学部の中尾哲也教授がまとめた論文では、団地やマンションなどコンクリート集合住宅に住む人と、木造に暮らす人の平均死亡年齢を比較して、団地・マンション族のほうが、約9年も早死にしていたとの調査結果があります。(調査件数:木造270件・コンクリート集合住宅62件)。

さらに全国調査でも「木造率が高いほど平均寿命が高い」、「乳がんの発生率も低い」ことが報告されています。

※資料:伊藤 他 静岡大学農学部 報告, 1987

3.木造軸組み工法で建てた家は丈夫で長持ちします。

同じ重さの木と鉄を比べると、杉材の場合圧縮の強さは鉄の約2倍、引張りの強さは約4倍もあります。

地震の力は重い建物ほど影響が大きいので、軽くて丈夫な木材で作るほうが地震の多い日本では鉄やコンクリートの建物より影響が少なく適していると言えます。

建築材料の比重、強度、および比強度

4.木材は燃えにくい

同じ強度の鉄柱と木の柱材を比べると、断面の大きな木材は表面が燃えても、熱が中迄伝わりにくいため、燃え尽きてしまうまでには時間がかかります。木材と強度の同程度の鉄の場合によって温度が上がり簡単に変形してしまいます。

木造住宅は火災時に柱や梁などの大きい部材に火がついても、芯まで燃えるのに時間がかかり短時間で崩れることがないので、消火活動や避難時間が比較的長く取れ、鉄骨造の建物に比べ安全性が高いと言えます。

さらに最近の木造建築では燃えにくい建材や火災に強い工法など、安全性にも優れた各種仕様が開発されていますので、木造=燃えやすいというのは一概に言い切れなくなっています。

5.木材は調湿性や断熱性に優れているため、日本の高温多湿な環境にも合った建材と言えます。

木材は鉄やコンクリートに比べると調湿性に優れているため、人の住む環境を守る住宅用の建材として非常に優れていると思います。

またコンクリートや鉄は熱しやすく冷めやすい性質を持っているため、夏は暑く冬は寒いという特徴を持つ家が出来ます。

最近求められている省エネ住宅で断熱性能や気密性能の高い住宅を作る場合には、鉄やコンクリートに比べて断熱性能の高い木材は非常に使いやすい材料です。

『FPプランナー』に何でも聞いちゃおー

ライフプランナーがアドバイスするのは保険だけではありません。
ご自身やご家族の将来のことを考えて「人生の地図」を描くお手伝いをします。丁寧にお話を伺い、その人にあったライフプランを一緒に考え、守られていくようサポートします。

そんなファイナンシャルプランナーに年金と介護、相続等日ごろ気になっていることをお聞きください。
井戸端会議の気楽さでご参加ください。当日の申し込みも受付けます。

日 時:1月17日(土) 午後1:30分~ 事務所1階
費 用:200円 お茶とお菓子がでます。(美味しいゆずジャムもご試食下さい。)

美味しいゆずジャムづくり 毎回好評です。

昨年の暮れに行いましたゆずジャム教室が大変好評で、定員をオーバーしお断りしなければなりませんでした。そこで今月もゆずジャムづくりを行います。

ゆずの皮から実、種から出るペクチンも煮立てて使います。捨てるのはヘタと筋くらいですからとてもエコなジャムです。

皆様もゆずジャム作りをしてみませんか。11回目のIHクッキングヒーターを使った、ユズジャム作りです。出来たジャムはおみやげに・・・

日時 1月18日(日) 午前10:00~12:00
費用 1,000円   定員12名様
場所 大和工務店事務所1F  江戸川区西一之江3-39-21

※お申込みは ☎03-3651-2474大和工務店迄

1月に大和工務店で行う教室

☆荷造り紙バンドを使ったかご作り
日時:14日(水) 24日(土)  午後1:30~
費用:900円(かご1~2ヶ作れます)
※ 当日のお申込みも受け付けます。

☆パッチワーク教室
日時:10日(土)  13日(火)  27日(火) 午後1:30~
費用:1ヶ月 300円(コピー代等)※ 前日までにお申し込み下さい。

Gコミ一覧へ戻る