Gコミ210 2013年05月号

地球環境を守る地域の取り組み

地球温暖化や資源循環、自然共生など、直面する様々な環境問題に対して、日常の小さなことから取り組もうという活動がいろいろな地域で始まっています。

そんな中、江戸川区では「えどがわエコセンター」というNPO法人が、地域の環 境活動についての情報発信を行なっています。
日々の暮らしの中では、環境対策になるとわかってはいるけど、なかなか出来ない、続かない、という事が沢山あるように思います。
車より自転車や公共機関、まだ使える、一手間かけてリサイクルに・・・という事も気分しだいでやったりやらなかったり。
自分を振り返ってみても、まだまだ出来る事は沢山あります。

何でもそうですが、常日頃から継続的に行うということは、自分の為であってもなかなか出来ない事が多いので、まして 世の為、人の為にやろうなんて考えていたら、とても続かないのではないかと思います。

最近では固い意志を持って自分の考えを貫こうと頑張るよりも、それ自体を楽しんでしまおうというふうに取り組む事が、続けるコツだと言います。

環境の為に一人ひとりが出来る事を実践するためには、誰かと共感しあえて楽しめる、そういう場を地域に作りみんなで同じ意識を持つことが大事だと思います。

えどがわエコセンターでは、区内の学童に対して「すくすくスクール」などを通じて環境教育を行ったり、住民や事業者に講座や講習を開催し、様々な環境イベントを行なっています。

そして省エネ・省資源、ごみを減らすことにより、日本一のエコタウンを目指して地球環境を将来に引き継ぐ「もったいない運動えどがわ」という活動を行い、区民大会を開催し優れた取り組みに対して表彰をしています。
区内の事業者に対しては、エコカンパニーえどがわ(江戸川区版環境マネジメント制度)という、登録した事業者が環境にやさしい取り組みを決めて実践し、定期的にレポートを提出する登録制度があります。工場やオフィスでも省エネが実践できて、環境に対する取り組みも評価されるので、弊社を含め沢山の事業者が登録しています。

大和工務店の取り組み内容は、ジャスミンの大きな緑のカーテン、端材の提供による再利用、事務所の高断熱化などです。

私達が簡単に参加できる事として、エコのちょっとした工夫やおもしろい取り組みなどを教わり、みんなで行うごみ拾いやエコ体験など、楽しいイベントが沢山あります。

エコセンターのイベントや講習は区役所や駅などに置かれている情報紙「エコちゃんねる」やホームページで知ることが出来るので、ぜひ見てご興味のあるものに参加してみて下さい。
また、他の自治体でも環境関連の課などに地球温暖化対策の窓口が必ずあって、何かしらの取り組みが行われているので、いろいろ調べてみるのも面白いでしょう。

代表取締役社長 鈴木 晴之

環境フェア2013・もったいない運動えどがわ区民大会

日時:平成25年6月1日(土)10:00~15:00 会場:江戸川区総合文化センター 開催趣旨:子どもから大人まで楽しく体験・理解できる「ためになるエコ」 主催:江戸川区・環境をよくする地区協議会・えどがわエコセンター ・文化センター小ホールで「第7回 もったいない運動えどがわ区民大会表彰式」弊社も第5回に受賞。 ・文化センター前でエコカー展示・試乗会 ・文化センター前庭で「えどがわエコセンター」会員が多数出展 ・「東京建築士会江戸川支部」と「東京建具協同組合」が協働で「お箸」づくり体験のできる「マイ箸 づくり」を出展(大和工務店も参加します)

えどがわエコセンター

〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1タワーホール船堀3階
TEL:03-5659-1651 FAX:03-5659-1677 http://edogawa-ecocenter.jp/

誰でも出来るメンテナンス

今回はドアーの鍵の部分です。 鍵穴に鍵が入りにくくなったとき鍵穴に油をさして動きをよくしますが、CRC556というスプレーを使う方がいます。
これは使わないほうが良い潤滑油で、含まれている不純物が後で固まり、かえって鍵の動きを悪くしてしまいます。
マシン油やシリコン製の潤滑材を使うことをお勧めします。
鍵穴に鍵が入りにくくなったとき一番簡単でよい方法は鉛筆の芯を削り、出来た黒い粉をかぎに付け、鍵穴に入れてやると入りやすくなります。簡単ですが効果のある方法です。

次にドアーの取手がガタついている時の修理方法についてです。
下図のような鍵が一般的で、シリンダー錠といいます。下図上のようにラッチが一つで鍵と兼用のものと下図中段のようにロックが別に着いているものとがあります。回転部分が握り玉のものとレバー式のものも内部構造は一緒です。この鍵のがたつきを直すためには室内側の丸いカバーを外して中にある2本のビスをドライバーで締めてあげれば直ります。丸いカバーの外し方は2種類あって脇の隙間にドライバーなどを差し込んで外す形式のものと、ねじ式になっているものがあります。目視でこの違いを見分けるには内側のカバーに切れ込みのあるものはドライバー等で外す形式です。差し込んでちょっとねじると簡単に外れます。


カバー(室内側)


カバー(室内側)

大和工務店が施工した2店舗がオープンしました

当社で内装工事をさせていただいたお店がオープンしました。 お近くにお出かけの際は、是非お立ち寄り下さい。

4/18日オープン
江戸川コーヒーカンパニー
江戸川区一之江7-33-19 木田医院前

オーナーはニュージーランドより帰国し、自家焙煎のエスプレッソコーヒー専門店をオープンしました。
店内はレンガ張りで、美味しいコーヒーも楽しめます。コーヒー豆の量り売りもしています。カッコいいマスターが皆様をお待ちしています。

特典:「大和工務店の通信を見た」と、言っていただいたお客様には5月いっぱい下記の特典があります。
コーヒー  50円引き コーヒー豆 100g 50円引き 200g 100円引き

4/30日オープン
砂町銀座店 和氣丼丸
江東区北砂3-1-3

砂町銀座に程近い明治通り沿いに525円で80種類の海鮮丼が楽しめる、和氣丼丸 砂町銀座店がオープンしました。
凛とした雰囲気の内装で525円とは思えない新鮮でおいしい海鮮丼が楽しめます。
(持ち帰り専門店)

「一之江の家」完成見学会

6月8日(土) 午前10地~午後5時 公開 場所 江戸川区一之江3-12-18 家族4人それぞれの夢と希望を託した30坪弱の家が完成しました。

趣味室や書斎コーナー、個室にはロフト、階段下のトイレや収納など見所が沢山あります。

完成見学会では、設計とデザインの他にも、丈夫で快適、健康に住まえる建物の仕組みまで、家づくりの全てを実際に現地で体感しながらご確認いただけます。どうぞ足をお運び下さい。

オール国産材で住宅ローン減税などの優遇が受けられる長期優良住宅の家です。

太陽光発電システムが発電している様子が見られます

一之江の親水公園沿いの当社、一階出窓に太陽光発電システムが発電している様子の解るパネルを置きました。
多結晶太陽電池とパナソニックのHIT太陽電池で、それぞれのパネルに付いている円の回る速さで発電量を比較しています。
HIT太陽電池は独自のハイブリッド構造にすることで、電子のスムーズな動きと発電ロスを低減し、従来の多結晶太陽電池に比べて発電量が36%(高条件で)UPしました。
今まで南側の屋根が小さく3KW以上の太陽電池が設置できないと諦めていた方や太陽光発電に興味をお持ちの方、無料で見積させて頂きますのでご相談ください。
お近くに出かけの際には、くるくる回っている発電の様子をご覧下さい。

5月に大和工務店で行う教室

☆荷造り紙バンドを使ったかご作り
日時:25日(土)  午後1:30~
費用:900円(かご1~2ヶ作れます)
☆パッチワーク教室
日時:14日(火) 28日(火) 午後1:30
費用:1ヶ月 300円(コピー代等)

Gコミ一覧へ戻る