Gコミ284 2020年06月号

新型コロナウイルス対応換気計画

これから暑くなりエアコンの出番となりますが、稼働中の注意店をお知らせします。冷房が効いて快適な室内ですが、コロナ対策として実は換気が不十分です。

ご存知だと思いますがエアコンは換気をしてくれません。冷房時には室内の空気を吸い込んで、吸い込んだ空気を約11℃下げて吐き出し、室内の空気を循環しているだけです。新型コロナの対策としては換気がとても大切だと言われている通り、窓を閉め切って冷房しているだけでは空気が汚れてしまいます。古い住宅は隙間が多いので、窓を閉め切っていても一時間に一回以上の自然換気がありました。

2003年建築基準芳改正以降にできた断熱性の良い住宅や高気密・高断熱住宅では機械による24時間換気の導入が義務づけられています。この住宅の計画換気量は2時間で建物内部の空気が一回入れ替わるように計画されています。新型コロナ対策としては1時間に1回以上の換気をするよう言われています。計画換気が行われている建物でも新型コロナの対策として必要な換気量に足りません。

具体的な数量を示します。

30坪の住宅の(気積は240㎥)計画換気では一時間に約半分の(120㎥)空気が入れ替わる能力の換気扇を取り付けています。これでは換気量が不足していますので、足りない分を補わなければなりません。普通は窓を開けて換気します。

開けた窓の面積が1㎡有り風速1mの風が吹いていると1時間には3600㎥の空気が入れ替わります。日本では平均で2~3mの風が吹いていますから、風がある時は2~3分、ほんの少し窓を開ければ換気できることになります。雨降りで窓を開けられな時は、台所の換気扇が役立ちます。

台所の換気扇の排気能力は1時間当り680㎥有りますので、10分くらい回せば足ります。 ただしこの場合は換気扇と反対側の窓を少し開けてください。気密の良い家ですと入って来る空気とが少なくて換気扇が空回りしてしまうことも有るのです。

扇風機により換気が出来るという記事に疑問を持ちました。それは扇風機を外側に向けて回すことで換気が出来るという記事でしたので扇風機で出来る換気量を調べたのですが、換気量が分かる資料見つけることが出来ませんでした。扇風機は近くの空気を吸い込んで前に吐き出す能力なので部屋全体の空気をかき回しているだけではないかと思いました。

風のない時や雨などの時は台所の換気扇を上手に使う方が確実に換気できるのではないかと思います。

換気をすると冷房時には暖かい空気を入れて冷たい空気を捨てるわけですから、冷房費がもったいないという事になりますが、空気はとても熱容量が小さい物質で1時間に300㎥の空気を入れ替えても温度差が11℃、35℃の空気を24℃に入れ替えるとして約300kcalくらいしかいりません。6畳用エアコン能力の1/6位ですのであまり心配しないで換気をしてください。

窓を開けて、短時間で効率よく換気をして新型コロナウイルスに備えてください。(後関)

フードドライブ常設回収スタート

家庭で余っている未利用食品を持ち寄り「フードバンク」へ提供する活動です。集まった食品は「フードバンク」を通じ、福祉団体や施設、食料支援を必要としている人々に提供されます。

江戸川区では年間に約1.4万トンの食品ロスが発生しています。これは一人当たり年間約20kgの食品ロスになります。

その中には、約1,500トンの未利用食品が含まれ、これら「食品ロス」の削減に向けて、区民一丸となった取り組みが求められています。そこで、えどがわエコセンターでは事務局にてフードドライブを実施しております。

回収できる食品の条件

① 未開封で包装や外装が破損していないもの
② 賞味期限が1か月以上あるもの
③ びん詰でないもの

回収時間:10:00~17:00(月~土) 日曜日、祝休日、年末年始、タワホール休館日を除く
回収場所:エドガワエコセンター事務局 タワーホール船堀3階 TEL03-5659-1651

また、江戸川区と連携し、各地域まつり会場で「フードドライブ」を実施していきます。
ぜひ、ご協力ください。

5月にお引き渡した住宅

この家の特徴は冷暖房計画にあります。家全体の気密・断熱を良くし、床下にエアコンを入れ冷風・温風を送風機を使いエネルギーを行きわたらせるようにしています。これを実現させるためには特に気密を良くしなければならず、現場はかなり注意深く施工をしたようです。この方法は弊社の事務所でも採用しておりますが、床暖房をしているような温かさを体感できます。

2階は18坪の空間はトイレ以外には間仕切りもなく階段も吹き抜けています。さえぎる壁もなくベランダに続く外の空間と一体になり、建物以上の広がりを楽しむことができます。

リビングの一角にはワークコーナーを設けご主人は仕事を、子供は勉強が出来るようにしています。ご主人はコロナによる在宅勤務に大いに役立ったと喜ばれていています。

質素な素材を丁寧な仕事で作りつけて雰囲気の良さを求めたいとの設計者の意図は、全体にシンプルな仕上げと合った良い空間が作れたことで叶ったと思います。

“完成した時が最も良い状態ではなく、時間の経過とともに味わいを増していくような家にしたい”という設計者の意図も表現できた良い住宅だと思います。

撮影 吉田写真事務所 吉田 誠

次世代住宅ポイント制度延長【新型コロナウイルス感染症対応】

新型コロナウィルスの影響により、令和2年3月31日までに契約できなかった方が、令和2年4月7日~8月31日の期間に契約、着工(着手)を行った場合、ポイントが発行されます。

新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当のポイントが発行されます。
ポイントは様々な商品に交換できます。

日々の暮らしの中で在宅勤務・外壁塗装

4月13日からコロナ対策の為、大和工務店では密を防ごうと事務所は1人体制という事で私は午前会社勤務、午後からは自宅での仕事になりました。

最初の頃は仕事環境の整っていない(パソコンの動きが遅い等)自宅でのしごとはとても疲れました。

この生活がいつまで続くのか・・・と思っていましたが徐々に慣れて来てこのペースも悪くないなと思い始めた頃、通常勤務になりました。

緊急事態宣言の中、新築から26年になる自宅の2回目の外壁塗装を行いました。
足場が建つこの機会に足場が無いとできない工事を全部行いました。

◎3階エアコンの取付位置を変えて配管カバーを新しく設置
◎木製の破風(屋根と壁の間にある板)は塗装が痛みやすいので板金をまいて雨樋を全部取替
◎2階ベランダ屋根のポリカを張替、水分を含んだ前面パネルの張替

コロナの影響で大きな現場が延期になって手の空いた職人さんがいた事もあって、工事はスムーズに進み20日足らずで足場が取れました。気になっていた所がきれいになって、久々に明るい気持ちになりました。(白井)

6月・7月に大和工務店で行う教室(社会状況により中止になる場合があります。)

☆荷造り紙バンドを使ったかご作り
人数制限の為、電話でお申し込み下さい。
日時:6月10日(水)・20日(土) 7月8日(水)・18日(土) 午後1:30~
費用:900円(かご1~2ヶ作れます)
※ 当日のお申込みも受け付けます。初めての方は事前に連絡お願いします。

☆パッチワーク教室
人数制限の為、電話でお申し込み下さい。
日時:6月9日(火)・23日(火) 7月14日(火)・28日(火) 午後1:30~
費用:1ヶ月 300円(お茶代等)
※ 前日までにお申し込み下さい。

Gコミ一覧へ戻る