Gコミ271 2018年08月号

通学路や買い物道の安全確認のために 身近にある危険な建造物を知ろう

大阪北部地震の時、小学校のブロック塀が倒れて4年生の児童がなくなりました。

その後、小さなお子さんを持つ建築家が、通学路の安全を子供と一緒に確かめるための資料として3種類の絵を作ってくれました。

小さなお子さんでも分かるように説明はひらがなになっています。

拡散しても良いと書いてありましたので、夏休みにでもご家族で道の安全を確認するための資料としてこの絵をお使いください。

1 気を付けたい壁について

ここに描かれている壁は、ブロック塀や大谷石などを積み上げた塀です。

最近の建物では背の高いこのような塀は少なくなっていますが、それでも高い塀はまだまだ残っています。

最近は少なくなったので油断しがちですが注意が必要です。

この様な高い壁でも、後ろ側に補強のための控え壁がある場合は倒れにくく比較的安全です。ちょっと後ろ側も確かめてみてください。

2 瓦が落ちてくる場所の見分け方

平成14年以後に出来た建物では、瓦はすべて屋根の下地に止めて有るので落ちにくいですが、それ以前の建物は瓦が下地に止めていない場合が有るので注意してください。

大きな地震の後でつぶれた家の写真を載せましたが、家は潰れても瓦がしっかりと屋根に乗っています。

最近の屋根はこの様に瓦が落ちないようになりました。この家は古い家ですが瓦が落ちていませんので最近屋根をふきなおしたのだと思い ます。

最近の屋根材には瓦のように見える鉄板性の製品もあります。よく見ると瓦とは違うので分かりますがこれは落ちる事が無く安全です。その辺も注意して見てください。

3 揺れたらどうなるか想像してみよう

東日本大震災の時には、建物の外壁が落ちた例が江戸川区でもありました。

3階建ての鉄骨造でしたが外壁にタイルが貼ってあり、そのタイルが落ちました。

外壁に大きなひびが入っているような建物は、壁が落ちる可能性がありますのでこれも注意が必要です。

最近は印刷技術が進みタイルのように見えるけれどもタイルではない材料の場合が有ります、近づいて触ったりたたいてみると解ります。

お子さんたちと話をしながら確かめてみると良いと思います。(後関)

「災害に対する備え」

平成30年6月18日大阪府北部でマグニチュード6.1、最大震度6弱の地震が発生したことは記憶に新しいことと思います。

記録を調べてみると、今年に入ってから震度4以上の地震は29回(6月24日時点で)も発生しています。首都直下型地震についても「マグニチュード7クラスの地震はいつ起こってもおかしくない」「30年以内に70%の確率で起こる」などと言われています。

9月1日防災の日まではまだ日がありますが、「災害」「防災」について改めて考えてみます。地震に限らず、災害に対する備えをされているご家庭も多いことかと思います。

日本政府でも内閣府のホームページ(以下HP)で災害発生情報や防災対策を、首相官邸のHPでは災害に対する備え等の情報(家具の固定の仕方や、災害時に備えた食料・飲料の備蓄、非常用持ち出し袋の内容例など)を発信しています。

災害時における家族間の安否確認方法や集合場所についても話し合っておくべきでしょう。
災害時には携帯電話の回線がつながりにくくなります。携帯電話会社では災害用伝言ダイヤル、災害用伝言板などのサービスを提供しています。これらのサービスの利用方法についても事前に確認しておくと良いでしょう。

お住いの地域ごとの防災情報の確認も大事です。

江戸川区でも防災対策のHPを配信していて、様々な災害時の危険度を予測した建物倒壊危険度ランク図、火災危険度ランク図や液状化予測図、洪水ハザードマップなどが掲載されています。
また、災害時の避難所や給水所などが分かる防災マップも地区別に掲載されているのでご覧になってください。

私自身、これらの情報について何となく知ってはいたものの実行していなかったり、詳しい内容までは知らなかった事がほとんどでした。
災害への備えに「万全」ということはありませんが、物心両面でできる限りの準備はしておくべきだと思いました。(阿部)

新しいスタッフです。

4月から大和工務店で働き始め3か月になります。子供が小さい事もあり週3回程度ですが『日々何事も勉強』と温かく優しいお言葉を掛けて頂きながら一生懸命頑張っています。仕事の中で様々な事を学ばせて頂くことができ、スタッフの皆さんにはお世 話になっています。

先日、Gコミのポスティングに参りました。以前より大変な仕事だなと思っておりました。実際経験し改めて新聞・郵便配達、運送会社の方たちへの感謝の気持ちが強くなりました。ポスティング中『暑いなか大変ね~ありがとう!』『ご苦労様!』と温かい言葉を頂くと嬉しく、足取りも軽くなります。

沢山のお宅にGコミを投函させて頂き、色々なポストを見ると今度はこんなポストがいいな・・こんな玄関扉が素敵だな・・・玄関先の植木鉢の埋め込みが素敵などと思いながらポスティングを楽しんでいます。
3日ほどのポスティングで紫外線の強さを改めて実感しました。

そこで、紫外線ケアについて調べてみました。日本人はもともとメラニンを多くもっているため、肌が黒くなりやすい傾向にあるそうです。日焼けには紫外線が含まれていてその紫外線を浴びると、体内で活性酸素が発生し、この活性酸素の発生が多くなってくると、動脈硬化やその他の生活習慣病をはじめとして、肌にシワやシミが現れるなど、老化現象も発生してしまいます。活性酸素を減らすために有効な機能が、抗酸化作用です。

抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンCを摂取することが大切です。ビタミンAを多く含む食べ物は、トマトやニンジン、カボチャなどの野菜類でビタミンCはレモンやキウイフルーツ、ブロッコリーやオレンジなどです。

今年の夏は特に暑いので水分をとり食事にも気遣い美しく秋を迎えたいと思います。(丸井)

チョットお役立ち情報

熱い毎日でエアコンがフル活動で頑張っています。

エアコンから冷たい風が出なくなった時一度試して頂きたいのが、エアコンのコンセントを抜いて、室外機の天板に水をかけて冷やしてみることです。

しばらくしてからコンセントを入れて下さい。この方法は夜中にエアコンが冷えずに困ったお客様が24時間対応のダイキンコンタクトセンターに相談して受けたアドバイスで、これで冷えるようになったそうです。

夏休み折り紙教室

花火を折ろう
一昨年好評だった花火を折ります。

今年は鉛筆と鶴の2パターンです。

お申込みの時にどちらにするか伝えて下さい。

日 時 8月18日(土) 午前9:30~
場 所 大和工務店1階(一之江親水公園沿い)
    江戸川区西一之江3-39-21
費 用 200円(おやつ付きです。)
お申込 TEL 03-3651-2474(白井迄)

8/17日(金)迄にお申込下さい。

☆当社の夏季休業のお知らせ

8月11日(土)~8月16日(木)

ご不便をお掛けすることもあるかと思いますが、宜しくお願いします。

8月に大和工務店で行う教室

☆荷造り紙バンドを使ったかご作り
日時:8日(水) 18日(土) 午後1:30~
費用:900円(かご1~2ヶ作れます)
※当日のお申込みも受け付けます。初めての方は事前に連絡お願いします。

☆パッチワーク教室
日時:21日(火) 28日(火) 午後1:30~
費用:1ヶ月 300円(お茶代)
※ 前日までにお申し込み下さい。

Gコミ一覧へ戻る