Gコミ262 2017年09月号

代々木公園内に建築中の“まちの子ども園”が完成しました

今年初めから建築中だった“まちの子ども園”予定通り8月31日にお引き渡することが出来ました。10月1日の開園に向けて準備作業が着々と進んでいるところです。開園後に子供たちの歓声が聞こえてくるのが待ち遠しいです。

今年の1月に地鎮祭を行い工事が始まったのですが、地盤改良の作業に入ったところで地下からあるはずのない1メートルを超える下水管が出てきてしまいました。この処理に2か月以上かかり4月に入りやっと基礎工事が始まりました。

実質で2か月の工事遅れで10月の開園は危ぶまれたのですが、環境が公園内ということもあり作業時間を長く取れたことや、休日の作業も出来たこと、そして職人たちの士気の高さに支えられて工事の遅れを取り戻すことが出来無事に完成させることが出来ました。

構造は大断面を使った在来木造で、長さ16mで梁成が60㎝の大梁が2本、その大梁に 屋根の垂木を兼ねた小梁が両側から30本以上かかり、2階の大空間を支えています。その下には梁を支える40cm角の大黒柱が3本並び、天井の高い本当に広い空間が出来上がっています。保育室の床には無垢の桧材が使われ、子供たちの足には優しく触れてい触感となることと思います。

四方に開いた窓からは、深い軒先を潜り抜けた優しい光が入ってきます。北側の大きな格子状の窓も優しい光の取り入れ口であり、公園の広い芝生の庭とのつながりにもなっています。

トイレには小さくてかわいい便器が並んでいます、おとぎの国に来たようです。厨房には大きなレストランにあるような機器が並び本格的な料理を作れる設備もそろっています。

この子ども園は長時間保育の機能も持ち、働くお母さんのための保育園でもあります。

もう一つの特徴として、この園には社会とのつながりを考えていこうという空間が併設されています。そこは土間で仕上げられていて、通りがかりの人でも立ちよれるスペースになっています。

また、ここは東京大学の発達保育実践政策学センターとの協力で、実践を通して保育の質や役割を研究する研究拠点ともなる予定です。将来を担う子供たちがこの建物とここでの教育でどのように育っていくのか楽しみです。

大和工務店がこの様な仕事に携われたことに誇りと喜びを感じています。(後関 和之)

【完成内覧会:新小岩の家】

【新小岩の家】の完成内覧会を、9月16(土)~18(祝・月)に開催します。
三角形の変形敷地に建つ木造在来工法の3階建ての戸建て住宅です。

設計は、世田谷区を拠点に木造在来住宅を得意とする一級建築士事務所アトリエスピノザです。
白を基調としてナラ材やタモ材の木目が映える落ち着いたデザインの住宅です。

3階のお風呂やキッチン・リビング光と風を取り込んで自然と家族が集まる空間に仕上がりました。
完全事前予約制にてのご案内とさせていただきます。

内覧会開催地:葛飾区東新小岩
内覧会予約電話番号:大和工務店 03-3651-2474

新築をご検討の方で、木を生かしたデザイン住宅をご検討中の方はぜひ一度ご相談ください。

当日内覧会では弊社にて施工をした設計事務所のデザイン住宅を数多くご案内いたします。
ぜひお気に入りのデザインを見つけてみてください。

キーワード
3階建て 三角形変形敷地 開放感ある3階リビング、キッチン、お風呂 駐車場2台

お引渡し後の一年点検

昨年、引渡した「児童養護施設 子供の家」に一年点検に伺いました。

子供の家は児童42名・当番職員8名が常に利用している児童養護施設です。設計時には設計者がワークショップを開き、利用者からの意見を設計に反映した経緯があった施設です。

今回の一年点検でも大人から子供まで十人十色、たくさんの意見を聞くことができ、夜になると駐輪場の形が怖いという子供もおり ました。

子供達が親しみを持てるように、家の形を模した計画だったので想定していない意見でした。

また、男子・女子の棟に分かれていて、その違いが面白いものでした。

男子棟は建具の不具合や、金物が曲がっている箇所、床材の汚れなどによる劣化が進んでいる箇所が多くありました。

女子棟は丁寧に使用され、一年経っても新築の匂いがする部屋もありました。

私自身、子供時代の生活と照らし合わせ、苦笑いいたしました。

お引き渡し後の一年点検に伺うと、想定した通りに使用されていない時もありますが、想定するよりも面白い使いかたをお客様から学ぶ事があります。

工務店はハウスメーカーと違い、施工担当した現場監督が点検に伺えますので、知識の蓄積に繋がります。

私が一年点検に伺った時は、是非、様々なご意見をお聞かせ下さい!(鈴木達也)

第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017

期 日 : 2017年9月27日(水)~9月29日(金)
     10:00 ~17:30(最終日16:00迄)
会 場 : 東京ビッグサイト東展示ホール(有明)
入場料:無料(登録制。事前もしくは当日)

日本初の福祉機器の国際展示会であるH.C.R.は、いまやアジア最大規模に達しています。H.C.R. 2017では、15か国1地域より528社の企業・団体が数多くの製品を展示します。

ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した介護ロボットまで、福祉機器の今・未来を、みて、さわって、たしかめる3日間!さらに多彩なセミナー、イベントも実施します!ぜひご来場ください!

毎年恒例の夏休み工作教室

8/19日(土)大勢の方のご参加いただき牛乳パックを使ってビックリ箱を作りました。

小さな子供はお母さんが手伝って楽しく仕上げていました。完成すると皆の前で自分のビックリ箱を開けてお披露目です。

同じ材料を使っても箱の中から出てくる仕掛けの動きがそれぞれ違って箱を開ける度に歓声と拍手で盛り上がりました。

来年も皆が楽しめる様な物を作りたいと思います。午後の子供向けのかご作りも大勢ご参加を頂きました。

9月に大和工務店で行う教室

☆荷造り紙バンドを使ったかご作り
日時:13日(水) 16日(土) 午後1:30~
費用:900円(かご1~2ヶ作れます)
※当日のお申込みも受け付けます。初めての方は事前に連絡お願いします。

☆パッチワーク教室
日時:12日(火) 26日(火) 午後1:30~
費用:1ヶ月 300円(お茶代)
※ 前日までにお申し込み下さい。

Gコミ一覧へ戻る