大和の家づくり

高耐久の屋根材 遮熱のしくみ

高耐久の屋根材

十年で塗り替え、20年で寿命になる一般的なカラーベストに比べ、35年保証及びメンテナンスフリーで、寿命はそれ以上といわれる鋼板屋根材「ディプロマット」を標準仕様とします。
オプションで瓦風の「クラシックタイル」もご用意しています。


ディプロマット


クラシックタイル

屋根通気

屋根には外壁と同様に通気層をつくり、壁や軒裏から取り入れた空気を棟や先端で抜きます。
屋根の通気層は屋根材の熱を逃がす役目と、屋根下地の乾燥を保つ役割を持っています。

遮熱のしくみ

屋根材表面は夏の日差しの影響で70度に近い温度まで上昇します。これを室内に伝えないように、高性能の断熱材の外側に、宇宙船と同じ技術のアルミ遮熱材を通気層に敷き込み、約30パーセントの熱を逃がす効果のある遮熱層をつくります。
天井付近が熱くなることはもちろん皆無で、小屋裏収納や吹抜上部の異常な温度上昇を防ぐ事が出来ます。